レオナとアンティークカラーのバラ

パープルに茶色っぽいフチ色が特徴的なアムネシアというバラ、
それに レオナをあわせてみました。

黄色と紫は補色(反対の色)の関係で、あわせるとちょっとケバケバしくなりがちです。
でもレオナの茶色いフチ色のおかげで、やわらかくシックに仕上がります。
ほかの花材は、ポリシャス(葉物)、ダウカスボルドー(濃い赤紫のレースフラワー)などです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください