クリスティーンホワイトと白桃の枝


モカラやアランダが和風の枝ものとの相性が良いことは何度もご紹介しましたが、今回はクリスティーンホワイトと白桃の花との組み合わせです。
この時期たくさん出回っている枝もの花、ほんのりピンクの彼岸桜や啓翁桜、どれとも好相性でした。

枝ものはあまり和風でない器に活けたほうが、置き場所も選びません。
今回はターコイズブルーの釉のかかった器。
器の淵の茶色と枝もの茶色がよく馴染みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください