うつむき加減のサンライズの利用方法

 大輪系のモカラ サンライズは花が大きいあまりに下を向いてしまいがち。
水が上がっていないわけではなくても、ちょっとうつむき加減です。
下から覗き込むような位置に飾ってあげられればいいのですが、そうも言ってはいられません。

アレンジに埋め込んでサンライズの花の外(裏)側を見せるより、
思い切ってしなだれた花全体をはっきり見せるように活けたほうが、花のかわいらしさがはっきり見えてきます。
土台の部分をぐっと低く抑え気味にしたアレンジに、
たくさんのサンライズを立てて、飾ってみました。
奥ゆかしくうつむき加減のサンライズが、少しイキイキして見えてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください