大輪のモカラをカトレアホルダーで


サンライズの花の大きさは、バンダにも負けないくらい。
これが1本に10~15輪くらいついているのですから、かなりの迫力です。
モカラというと縦に並んで花がたくさんつきますから、「ラインフラワー」という見方が一般的ですが、1輪ずつの花がこれだけ大きいので、塊状に花がつく「マスフラワー」としての利用もできます。
たとえば、大ぶりのユリとあわせてもこの迫力です。
これは横幅80センチほどのアレンジメントですが、サンライズはにユリに負けない存在感があります。

モカラはLサイズとしてもユリの茎の長さには足りません。
でも「大活け」する際には、「カトレアホルダー」のような、先に試験管のついたスティックを利用すれば、どんな長さにもあわせることができます。

茎の長さを気にせず飾ることができれば、活用方法が広がります。
大輪のモカラとカトレアホルダーの組合せは、大きなアレンジメントにとてもおすすめです。
どうぞお試しください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください