ライラックブルーを格調高く


まだ少し肌寒い日もありますが、そろそろ冬の花から春の花への移行期ですね。
しばらくの間花屋さんの店先を賑わしてくれた球根花も、名残惜しい気もしますが少しずつ姿を消してきました。
ライラックブルーの透明感のあるパープルに大輪の格調高いアネモネをあわせました。
そろそろアネモネも姿も次の冬シーズンまで会えなくなります。
いわゆる黒目も大きいタイプで、開いてくると一層エレガントです。
間に入れた白い大輪のトルコギキョウでコントラストを強く、そして冬の花合わせと違う雰囲気を出しています。

カジュアルフラワーとして人気のモカラですが、格調高くも飾ることができます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください