Thailand Orchid Trading Company

大田花卉市場で、競りの見学

昨日は早起きし、大田花きの競りを見学させて頂きました。

このブログを見ている方は、ほとんど花事業関係者だと思いますが
そうでない方の為にも、簡単な市場な説明をします。

花卉市場(かきいちば)とは、花の市場のことであり
魚や野菜の市場があるように(有名なとこだと築地市場)
花の市場のことを指します。
もちろん、花だけでなく、葉物や鉢物も取引されています。

花屋さんなど植物を多く扱う人は、この市場で競り落としたものを
扱っています。
Farmachine Technology, 須藤商会はこの花卉へ切花を出荷し
販売・競売頂くことを事業としています。

植物も生物です。新鮮さが大事です。
ですので、他市場と一緒で花卉の競りも朝早くから始まります。

今回お邪魔した太田花き市場さんは朝7時半スタートです。

IMG_4493

この時期の7時半は寒い!
7時半開始に間に合う為に移動も考え早起きです。
毎日(切花の競りはおおよそ週3回)市場でお仕事している方
競りに参加されている方、大変ご苦労様です。

花卉内はフラッシュしなければ、写真撮影はOKでしたが
花屋の可愛いイメージとは少し違い、まさに市場ですので
控えめに撮影させていただきました。

IMG_4510

これは、競り落とされた生花が、配送先別に分別されているところで
奥の黄色い建物が、競り場です。

競り場は9レーン箇所あり、同時に行われます。
競り人の方が箱から代表の1束取り出し、見本として掲げます。

同時に、各レーンの上にある大きなスクリーンに
品種・品名・産地・本数・販売(競り)価格が表示され
見本やスクリーンの情報から、買い手の方が入札していきます。

品数が多く、かなり早いスピードで競り落とされていきます。
(10秒〜長くても1分)

IMG_4506

上の写真は、仲卸しさんの販売所です。
仲卸しさんが市場から購入したものを、小分けにし販売しています。
競りで大量に仕入れる必要が無い方は主に
ここで購入します。
※一般の方は仲卸しからの購入はできないのでご注意

 

以上、朝から多くの花関係の人が集まる、花世界の非日常的な裏側でした。
ここから日本の花業界が広がっています。

花事業の方々、どうぞ須藤商会の花をよろしくお願いします。↓↓↓
(しっかり宣伝)
sldr_12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください