Thailand Orchid Trading Company

カンタン、長持ち、試験管の花器

試験管をつなげた形の花器。
ジョイント部分が動くので、いろいろな形に変化します。

DSC_0075 DSC_0074

少しの枝や葉っぱを「適当に」挿して、

DSC_0070 DSC_0077

そこにこれもまた「適当に」カリプソを挿しました。

DSC_0069DSC_0065

試験管タイプは1本に入る水の量が少ないので、時々水を足すことさえ忘れないように注意します。

DSC_0067
それさえ気を付けていれば、お花の同志の間隔が少し空いているせいか、お花が長持ちしている気がします。ぶつかり合わないので傷みも少なく、悪くなったお花もはずしやすく、簡単な投げ入れにとてもおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください