1輪ずつをよく見ると。

少し曲がった茎のノーラブルーを潔く1本だけを花器に挿しました。
たくさんの本数を活け、ついつい「色」のかたまりとして使いがちなアランダの花。でもじつは1輪1輪の花の形もかわいらしく、また、光が当たると少し透明感のあるパープル。

DSC_0061 DSC_0038

先端の花までパチッとかわいらしく開きます。

DSC_0058

ノーラブルーの花の形が分かるように、他の花を足してみました。

少しうつむき気味な、でもプロペラのようなちょっとコケティッシュな花形も楽しんでみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください