タイ料理紹介「カオソーイ」

タイ料理の紹介、第2回目です。

20150807

タイ人の友人に作ってもらった、カオソーイ。
カオはライス、ソーイは刻むという意味で
タイではフォーのような米粉麺がメジャーなことから
語源になったと想像します。(麺が料理名なのは謎。)

スープはイエローカレーがベース。
今回の麺は中華麺と、中華麺を揚げたものをトッピングしています。
肉は様々なタイプがありますが、この時は骨つき鶏肉を入れました。
ちなみに、米粉麺のは食べたことは無いです。

右上のキャベツのようなものは、からし菜のピクルス。
初めて食べましたが、甘めの味付けで、カレーの福神漬けのようなものだと思います。
本場はエシャロットが多いとのこと。

この時はペーストがかなり辛く
大量の汗をかきながらいただきました。

日本のタイ料理屋さんのメニューにもよくあるので
ご賞味ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください