シャロンとサルクレッド


乾いた雰囲気の流木とあわせると、色も形も一層引き立ちます。
シャロンの「顔」もはっきり見えます。
アユタヤの生産者から届くシャロンは、依然ご紹介したデンファレ「サルクレッド(下の写真)」とおなじ生産者だそうです。

そう思ってみると、シャロンとサルクレッド、ちょっと高級ある質感には共通点があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください